つながらない場合や不動産会社の方092-846-1300

福岡市を中心とした福岡の中古マンション総合サイト

住まいの豆知識

購入ガイド

独身女性社員Yの中古マンション購入記~その3、購入にかかるお金&住宅ローン~

中古マンション福岡どっとこむのYです。
中古マンションを購入すると決めても、もちろん現金で持っていないので住宅ローンを組みます
購入申込書を提出したら、まずは銀行の仮審査申込書に記入します。
(わたしは直接銀行に行きましたが、通常は営業が用意します。)

記入項目は、自分と勤め先の住所や連絡先、昨年度の年収、銀行の預金額など。
車のローンなどの借入があれば、そちらも記入します。
あとは、借入希望価格と期間、物件の所在地など。
認印と健康保険証と免許証など本人が確認できるものが必要です。

提出してから、だいたい3営業日くらいで結果が出ます。
大丈夫だろうと思っていたけど、結果が出るまではドキドキでした。
無事に仮審査が通ったので、次は本審査の申込です。

・実印(実印登録が必要です。)
・源泉徴収票
・所得証明書
・住民票謄本
・売買契約書、重要事項説明書、間取り図(契約時に貰います。)
・購入物件の登記簿謄本および公図(契約時に貰います。)
上記が必要ですが、こちらで用意するのはお住まいの区役所で揃います。

「家を買うなんて大きな決断をするくらいだから、貯金してたんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、
正直なところ、手付金くらいしか貯金がありませんでした
そもそも1ヶ月前まで家を購入するつもりがなかったので、そのために貯金をしていませんでした。

家を買うには他に下記が必要です。
・登記費用
・ローン費用(銀行の保証料や火災保険料など)
・仲介手数料
・固定資産税・都市計画税
・管理費
・修繕積立金
諸費用としてだいたい物件価格の10%程がかかります。

他にも引越し費用やリフォームする人はリフォーム費用や家具・家電、カーテンや照明などが必要です。
わたしは諸費用分もローンを組みました。
手付金(だいたい物件価格の10%)は契約時に現金で支払いなので必要ですが、極端な話、手付金だけあれば家は買える!というのがわかりました。
(わたしの場合なので、全ての人に当てはまるとはいえませんが・・・)

あとは、住宅ローンを組むときには団体信用保険に加入しないといけないので、健康なのも大切ですよ!